コンポスト体験記「コンポスト作りをやってみよう⑤」

芽が出てきました〜!!!

初めてのコンポスト作りをやり遂げて種を植えました。
体験キットだったので始めてからほんの5、6週間ほどです。
種を植える前の準備は、熟成した堆肥にセットで送られていた用土を混ぜ合わせます。そして、紙袋やバッグの口を折り曲げてプランターに変身させます。

種を迷ったのですが、これもセットの中に入っていた「季節の種」を撒いてみました。
毎日たっぷりの水と光をあげると、ほんの数日で可愛い芽が出て、日に日に成長しています。

とても愛らしい!
自家製栽培の野菜をいつか食べられると思うと嬉しさ倍増です。

初めてのコンポスト作りは充実感たっぷりです。
ドキドキしながらの毎日でしたが、毎日ごみとして捨てていた生ごみが、次の植物を育てる栄養になるなんて!

これが『循環生活』なのですね。
コンポスト作りは自分で出来る環境に良いこと!自然とつながっている感じで気分も良いです。

定期コースもすでにスタートしています。
体験のものより大分大きくて、2ヶ月の生ごみを投入することが出来ます。

虫や水よけのファスナーもついています。

入れた生ごみの種類によって堆肥の色や触り心地、栄養も変わるらしいのです。
スイカのヘタも大丈夫なのかな?
どんな堆肥になるのか楽しみです。

関連記事一覧