今、サッカーに何ができるか|Ascenders株式会社 山本大輔

こんにちは。
Ascenders株式会社の山本大輔と申します。

弊社Ascendersは、スポーツ領域の専門職人材の育成や紹介、スポーツチームの経営支援に取り組んでいるベンチャー企業です。
現在大分トリニータのHRパートナーとして、パートナーセールスやキャリアデザインイベントの企画運営に携わらせていただいております。

未曾有のコロナ危機で、全人類が初めての局面に立たされています。
経済的にも多くの産業が危機に瀕していますし、サッカーやスポーツ産業も例外ではありません。

ご存知の通り、Jリーグをはじめとしたスポーツ興行は依然として再開の目処がたちません。
命や健康の危険がある中で、またそもそもの生活を維持することが困難になる経済状況の中で、生きるためには必須とは言えないエンターテイメントは、その存在意義を試されています。

アフターコロナでスポーツが再開されたとしても、「密」を避けることが求められる世界では、「密度」が「熱狂」を産むライブやテーマパークなども含めたリアルエンターテイメントは、問題を突き続けられるでしょう。

コロナ禍で、スポーツチームやアスリートも様々なアクションに取り組んでいます。
SNSでメッセージを発信する、インスタライブ、ギフティング、オンラインサロン、youtube、クラウドファンディング、ボイスメッセージ、、、
それぞれの思いを乗せたアクションをしています。

スポーツ試合ができない状況の中で、何が届けられるのか。
価値を決めるのは世間なので、僕にはまだどの手段が正解かはわかりませんが、思いを乗せた全ての行動には何らかの意味があるのではないかと思っています。

トリニータは一つの解として、「Trinita for Social」による発信を行っています。
このメディアはコロナ以前から動いていたものではあるのですが、このタイミングでの発信をより強化しています。

スポーツは様々な価値があると思いますが、「持続可能な開発目標(SDGs)」との相性が良いのではないかと思っております。

例えば、影響力があり注目を集められること。
また熱量がある人々を巻き込めること。

極論を言ってしまえば、エンターテイメントは生活に不要にも関わらず、その体現者であるアスリートの発信には多くの人々が耳を傾けます。政治家や経営者以上の発信力を持つ場合もあります。

Trinita for Socialでは、SDGsに関するトピックを掲載していきます。
SDGsを広めていくための鍵は、「認知」と「理解」にあるのではないかと思っております。
Trinita for Socialにより、スポーツの持つ注目度や熱量をエンターテイメントから一つ深化させ、社会のために繋げていきたいと思っています。

試合が開催されない中で、どれだけの影響を与えられるかは大きなチャレンジです。
ただ、このメディアが価値あるものになれば、スポーツがエンタメを超え、社会にとって必要不可欠なものだという証明ができるのではないかと思っております。
どんな影響を与えられるか、どんなアクションにつなげられるかはこれからの僕ら次第ですが、スポーツの価値に対する問いを続けながら、チャレンジしていきたいと思っています。

ぜひTrinita for Socialを今後もチェックして見てください。


(Ascenders株式会社 山本大輔氏)
※Ascenders株式会社は大分トリニータのHRパートナー企業です。

関連記事一覧