あなたの行動が、子どもたちに希望を与えます

世界には、一日に一度の食事すら満足に食べることができず、空腹のまま学校に通う子どもがたくさんいます。
多くの子どもたちは十分な栄養を摂取することができず、発育不全に陥っています。
また、栄養不良は免疫低下に繋がり、病気により命を落としてしまう場合もあります。

「世界には、一日の食事を満足に食べられていない子どもたちがたくさんいる」
私たちは、このことを理解する必要があります。
そして、”子どもたちの命を未来へと繋げる”ために私たちにできることを真剣に考えてみませんか?

「レッドカップキャンペーン」を聞いたことがありますか?

レッドカップキャンペーンとは、世界には飢餓で多くの命が失われていること、食べるために働いて学校に行けない子どもたちがまだまだいること、この状況を多くの人に伝え、1人でも多くの子どもたちに学校給食を届けるためのキャンペーンです。
(目印は、国連WFPが給食を入れる容器として使っている、赤いカップ。 赤いカップは、子どもたちの未来への希望のシンボル。)

国連WFPは過去50年以上にわたり、途上国の子どもたちの健全な成長を促し、教育の機会を広げるための学校給食を提供してきました。
2018年は、62カ国において1,640万人の子どもたちに給食を提供しました。

世界には、学校給食が一日の唯一の食事となる子どもたちがたくさんいます。
一日30円の給食が、大きな違いをもたらします。

皆さんもレッドカップキャンペーンに参加をして、多くの子どもたちに給食を届けましょう。

レッドカップキャンペーンへの参加方法は1つではありません。

① 寄付をする
国連WFPの公式ホームページから、任意金額を寄付することができます。
https://www.jawfp.org/oneshot?btn=REDCUP

② レッドカップキャンペーンのマークがついた商品を購入する
レッドカップキャンペーンに賛同する企業よりキャンペーンマークのついた商品が発売されています。
商品の売上の一部が学校給食支援に役立てられます。
https://www.jawfp.org/redcup/

③ SNSで拡散する
この記事をご覧の多くの方は、サッカーファンの方々だと思います。
サッカーの素晴らしさは「共感」と「共有」です。
この記事にあることを多くの人に知ってもらうためにSNSで拡散をすることも、参加方法の1つです。

皆さんの行動で多くの子どもたちを飢餓から救いましょう。

関連記事一覧