Jリーガーの新しいデュアルキャリアの形〜児童養護施設にZoomで「訪問」〜

(記事元:日刊スポーツコラム「We Love Sports」)

新型コロナウイルスの感染拡大の最中でも、知恵を絞り、児童養護施設への“訪問”を続けているJリーガーたちがいる。

J2東京ヴェルディMF小池純輝(32)と徳島ヴォルティスMF梶川諒太(31)が設立した、サッカーを通じて児童養護施設の子供を支援する活動団体「F-connect(エフ コネクト)」のメンバーだ。現在、7人の現役選手と、1人の元選手の計8人が参加。新型コロナウイルスの影響で、直接訪問が厳しい現在も、ビデオ会議システム「Zoom」を使用し、4月14日に神奈川、同16日に徳島の児童養護施設の子供たちと交流。近日中に他地域の施設も訪問予定だ。

神奈川の児童養護施設には小池、梶川、大分トリニータMF野村直輝(29)、元FC琉球MFで現役を引退した新井純平氏(25)の4人が、ウェブを通じて“訪問”した。
小池は「今の状況で、どういう感じで子供たちと関われるか考えた時、Zoomの存在を知りました」。
団体の活動を支援する個人会員(賛助会員)の寄付金を利用し、Zoomと有料の契約を結び、ウェブ訪問を実現させた。
モニター越しでお互いの顔を見ながら、トークで約1時間半、触れ合った。
サッカーで遊ぶ直接的な触れ合いができなかったにも関わらず、小池は前向きだった。「神奈川の施設には、僕を含め4人で(ビデオ会議で)訪問しましたが、通常なら、活動地域が違う4人が集まって訪問することが難しい。逆に、この4人で“訪問”できたのは、オンラインの良さでもあるかなと思っています」。

徳島の施設には、昨季まで徳島でプレーした野村と、今季から徳島でプレーする梶川、徳島GK松澤香輝が「引き継ぎと顔見せ」を兼ねて参加。こちらも、ビデオ会議ソフトだからこそ、実現した組み合わせだ。野村は「去年、1度訪問した施設と交流しました。コロナの話題から、日ごろ何をしているかを話しながら、楽しい時間を過ごせました」。

F-connectには、大分トリニータから町田也真人、野村直輝の2名が所属している。

F-connect とは

一般社団法人F-connect(エフコネクト)は、2015年にプロサッカー選手小池純輝と梶川諒太により設立された【Footballで繋げる、Footballが繋げる】をコンセプトに様々なチャリティー活動を通じて、児童養護施設の子ども達の支援をおこなう団体。

2019年からは、F-connectの活動をデュアルキャリアと捉え、F-connectに関わる全ての選手が地域・社会貢献活動を通じてキャリアアップを目指し、【人としての成長】を目的とした取り組みを強化している。

F-connectグッズの販売やイベント等で得た収益は、各地にある児童養護施設の子ども達のスタジアム招待費(各チームのホームゲームなど)やF-connectの活動費として利用している。

■全文URL「日刊スポーツより」
https://www.nikkansports.com/sports/column/we-love-sports/news/202004200000300.html?Page=1

■F-connectについて
https://f-connect.org/

関連記事一覧