コンポスト体験記「コンポスト作りをやってみよう③」

コンポスト作りを始めて2週間が経過しました。

な!なんと!袋を開けると湿気を感じ、かき混ぜるシャベルを握る手も湿りを感じます。

前に入れた生ごみ達がフニャ!となって、土に同化した色になってきています。

微生物が活動を開始したのかと思うと自然の不思議さを感じます。

袋もずっしりと重くなってきました。

最近はゴミに出す量が減ってとてもいい気分です。

毎日ドキドキしていることがあります。

虫です。

説明書にコンポストの中に、「一生懸命入ってこようとする【アメリカミズアブ】」という虫がいると書いてありました。生ごみを何十倍も早く分解してくれるのでコンポスト界ではアイドルとして、「アブくん!」と親しまれているようです。

もしも見かけたら歓迎しようと頭では思っているのですが、心ではドキドキで、袋を開閉する時には、外から何も入らないようにと閉める手先に力が入っている自分にまだまだ心が狭いなあ感じます。

2週間が経って自分にも続けていけそうに思えるので、本日、定期便を申し込みました。

生ごみの投入もあと1週間です。

楽しみです!

【投稿者】
京都在住 50代女性

関連記事一覧